pc
sp

大きな犬が少女に希望と愛を与え続ける。グレート・デーンに支えられ歩けるようになった11歳の少女

 

0_e18

アメリカ、マサチューセッツ州に住むベラ・バートンちゃんは生まれつき骨の形成が阻害されるモルキオ症候群(ムコ多糖症)を患っており、うまく身体を動かすことができない。

まだ子供でありながら、何度も手術を受け、数知れない治療を試してきたが、11歳になった今でも自分だけで歩くことは苦手だった。

 そんなベラちゃんの生活を一変させたのが、1匹の犬だった。グレート・デーンのジョージさんが、ベラちゃんの足代わりとなって彼女が歩くのを支え続けているのだ。

 「杖の代わりにこの子に寄りかかるの」とベラちゃんは大親友のジョージさんについて話してくれた。

続きを読む【動画もあり】
次のページへ

ページ: 1 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。