pc
sp

【連れて行かれるのは困る!】野良犬を保護しようとしたところ異常に警戒、捕獲後もソワソワ落ち着かない理由が…

 

米国ロサンゼルスを拠点に日々野良犬や捨て犬の保護活動を続ける団体『Hope for Paws』。

その日、空き地に一匹の野良犬がいると連絡を受けた職員さんは、すぐに現地へ。少々手間取りつつも、経験豊富な手腕で無事保護することに成功した職員たち、でしたが……。

アメリカの主要都市ロス・アンゼルス。
この都市を拠点に日夜野良犬や捨て犬の保護活動を続けているのが、動物保護団体『Hope for Paws』。

この日も、彼らは空き地に一匹の野良犬がいるという連絡を受け、保護するためにすぐにその場所へ。

現場は車が一台留まった見通しの良い場所だったことも幸いし、現地に到着して間もなく、職員さんは連絡のあった野良犬を発見。
準備を整え、保護活動へ移ります。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

ほとんどの野良犬はろくに食べ物を食べておらず空腹である場合が多く、またその空腹によるイライラが警戒する彼らをより興奮させる。

まずは敵ではないことを示し警戒心をほぐすため、ほんの少しでも空腹を満たすために、距離を保ち、野良犬に食べ物を渡す職員さん。

ですが、どうにも異常に警戒心の強いその子は、投げられた食べ物もほとんど食べず、すぐにまた自身の安全地帯であった車の下に潜り込んでしまいました。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

職員さんは優しく声をかけながら、脅かさないようゆっくり車の下に潜り込み、目線を合わせてその子に近づきます。

警戒心は強かったですが、その場から逃げ出すそぶりはなく、としても慎重にまずはその子の警戒心を解くことに注力する職員さん。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

手に食べ物を持ち、直接食べてもらうことに成功。
そしてその手を、そのまま野良犬の体に近づけ、触れることも出来ました。

保護までのそれは大きな一歩。
そうして、車の下から出てきてもらうためその子の足を掴んだ、

その時でした

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

突如大パニックに。
しかしここでもし手を放して彼女に逃げられると、到底人間の足で追いつくことは出来ない。

手に噛みつかれたりひっかかれたり、それでも一刻も早いその子の救出を果たすために、職員さんはその手を絶対に離しはしませんでした。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

その執念が実を結び、そうしてなんとか車の下から出てきてもらうことに成功した職員さん。

ペチュニアと名付けられたその子は、まだ体を小刻みに震わせ不安な様子を見せていましたが、だいぶ落ち着いた様子。
少々の問題はありましたが無事保護することが出来ました。

……と思っていたのですが、不安とは別、仕切りに何かを探すようなペチュニアの視線、そして彼女の体に触れた時、職員さんはある異変に気がつきました。

お乳から“母乳”が出ていたのです。

ペチュニアが異常に人間を警戒していたワケ

警戒心が強く、しかしそれでいて近づいても逃げ回ったりせず、ある一点、車の下に留まり続けたペチュニア。

ここまで気付かなかったですが、確かにペチュニアはその警戒心の高さと行動に矛盾があったのです。

その理由が、

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

彼女は、子どもを産んだばかりのお母さんワンコだったということ。

鳴き声を頼りに、見つけたその子はなんとまだ生後2日。
目も空いていない赤ちゃんワンコでした。

その後も、他にもいるかもしれないと、ペチュニアの協力を借りて辺りを一時間程捜索。

しかし最初に見つけた赤ちゃんの場所以外に興味を示さなかったことで、職員さんは他にはもういないと判断。
捜査をやめ、すぐに2匹を動物病院へ運ぶことにしました。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

赤ちゃんと再会することでようやっと安心したペチュニア。
そしてペタルズと名付けられたその子も、ペチュニアのおっぱいを飲み、2匹は命に関わるような病気もなく一安心。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

今、2匹は職員さんの家に引き取られペタルズも健康元気に、とってもやんちゃに成長中。

里親に出してもよい年月まで、もう間もなく。
そしてもちろん引き取る際は、母子で一緒が条件です。

 

『Hope for Paws』は今回の保護を通して、LAの抱える問題について私たちに伝えてくれます。
日夜保護活動を続ける団体ですが、LAではまだまだ野良犬や捨て犬が多く、到底すべてを救うことは出来ない程の膨大な数に及ぶ。

その原因は悪質なペットショップなどの無計画な繁殖による売れ残り、また責任も取れないのに避妊・去勢をせず、それで生まれた子たちの育児放棄が主。

どうかこれ以上悲劇を増やさない為に、出産を望まないのであればきちんと避妊・去勢をするよう。
利益重視し命を軽視するような悪質なペットショップから購入しないよう。

そして出来ることなら、犬を迎え入れることを検討している方は、施設にいる子たちにその手を差し伸べて欲しいと結びます。

このLAの問題、そっくりそのまま現在の日本の問題点にもなっていること。

一人一人がしっかりと彼らの命に責任を持ちさえすれば、ペチュニアのような悲劇は決して起こることはありません。

この記事が気に入ったら『いいね』、『シェア』してね!



via:peco

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。