pc
sp

【体重2.9キロだった!】10kはあって良いはずのガリガリに痩せこけた野良のハウンドを保護…新しい飼い主さんの元で無事回復!

 

道端に捨てられ、ガリガリに痩せこけたワンコの体重は2.9キロしかありませんでした。

ですが、保護後に幸いにも優しい飼い主さんに巡り会えてハッピーな生活になりました…

3_e5

2015年9月、英コベントリーでグレーハウンドとサルーキのミックスであるウィリアムが発見されたとき、立つこともままならないほど衰弱していました。

「この種でこの体重は異常事態です、通常なら最低でも10キロはあっていいはずです。」と専門家は言います。

地元の人の通報で、非営利団体の英国王立動物虐待防止協会(RSPCA)がこのワンコを保護しました。

元飼い主が何も考えずに飼った結果、飼いきれずに捨てたとの情報も…

このワンコを家族に迎え入れたレイチェルさん。

つい最近、婚約者のクリス・マレットさんと結婚しました。

せっかくの機会だからと、彼女はおしゃれなセーターでウィリアムをばっちり着飾ることにした。

ポイントはツイードの首輪と蝶ネクタイです。

2_e7

「この仔がRSPCAに保護されたとき、かなり危険な状態でした。でも結婚式ではずっと尻尾を振っていましたよ」とレイチェルさん。

記念すべき日に花を添えてくれたその姿を見て、こんなに元気になってと感慨深かったことを教えてくれました。

00_e
保護当時のウィリアム

この新婚さんのご家庭にはもとから11歳のウエストハイランドテリアがいます。

名前はハリー。2匹は意気投合して、今では大の仲良しだそうだ。

1_e8

5_e6

RSPCAのニッキー・フォスターさんによると、ウィリアムさんの発見当時、まるで骸骨のようだったと言います。

0_e9

「10年間働いてきましたが、私が目にした中では一番痩せこけた犬でした。身体中の骨が浮いて見えるんですよ」

しかし獣医による適切な処置を受け、レイチェルさんとクリスさん夫妻に引き取ってもらってからは、1日に4度の食事を食べ、健康的な体重にまで回復しました。

お腹まわりはこんなに摘めるほどでした…
6_e5

ネット広告で衝動買いした元飼い主が育てきれずに育児放棄

ワンコのウィリアムのもともとの飼い主であったクリストファー・ラシュトンさんとカースティ・ヘールズさんは、仔犬をひどい目に遭わせてしまったことを認めています。

2人はネットの広告に載っていたウィリアムを見て、仔犬の世話をする何の準備もないまま、思わず衝動買いしてしまったのだと白状しました。

しかし今回の件で動物虐待の罪で執行猶予判決を受け、35時間の無賃労働が命じられ、一生涯動物を飼うことも禁じられたそうです。

ウィリアムは現在2歳で、体重は23kgになりハッピーに暮らしています…

この記事が気に入ったら『いいね』、『シェア』してね!

via:karapaia

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。