pc
sp

【道端に投げ捨てられた瀕死の仔猫】懸命の看護と愛で2ヶ月後、こんなに可愛く大成長しました!

 

この痛々しい姿の仔猫…
cats (2)_R

たまたま通りがかった親切な人に見つけられ保護されたとき、仔猫はおそらく、まだ生後3週間ほどだったとみられます。

現場の様子から、どうやら元の飼い主は、こんなに小さな仔猫を車から投げ捨てたようでした。

 
保護した人はすぐに、米フロリダ州ニューポートリッチーにある動物保護団体(SPCA Suncoast)に連れていきました。

診察後、発疹と肺炎を患っていることが判明。仔猫はまさに、生死の境目にありました。

哺乳瓶からミルクを飲むことさえできず、施設のスタッフが24時間体制で看護。

その甲斐あって、仔猫はだんだんと生きる力を取り戻していきました。

 
施設のスタッフにエイプリルと名付けられたこの仔猫。
cats (1)_R
体重がまだ255グラムしかないエイプリルでしたが、呼吸を楽にする吸入をおこなうと、容体も安定し、食欲も出てきました。
gif_R
10日後、エイプリルの体重は14グラム増え、注射器からミルクを飲めるまでに回復しました!

そしてある朝、ミルクを与えた後、エイプリルを濡れ布きんで拭いてあげると・・・。

自分から毛づくろいを始めたのです!
cats (3)_R
エイプリルが毛づくろいをしたのは、これが初めて! やっと、普通の猫らしい行動ができるようになりました。

「やった! エイプリルを救えた!これでエイプリルも大丈夫だ!」

エイプリルを親身になって手当てしたスタッフさんは、思わずFacebookで喜びを爆発させました。

エイプリルが診察室にいると、ハチワレニャンコのヒューゴーがお見舞いにやってきます。

ヒューゴーも救出されたニャンコです。

同じ境遇にあったエイプリルの気持ちがわかるのでしょうか?

まるで、エイプリルのお兄ちゃんみたいに振る舞います!
cats (4)_R
こちらの施設に引き取られてから1か月、エイプリルは予想以上の勢いでどんどん元気になっていきました。

そうなると好奇心旺盛になってくるのがニャンコというもの!

周りにあるものを手当たり次第いじりまわします(笑)
cats (5)_R
「肺炎もよくなったので、もう治療も終わりです」とスタッフさん。

これで一安心。

エイプリルは頃合いをみて、去勢手術やマイクロチップの埋め込み、ワクチンの注射を施されます。
cats (6)_R
「私たちスタッフはみんな、エイプリルを溺愛しています。

それに、幼いときから人間とのふれあいに慣れているので、とても面白い性格をしているんです。」とスタッフさんは語ります。
cats (7)_R

救出から2か月後、エイプリルは青い目に大きな耳、いたずら好きな性格をした、とても愛らしいニャンコに成長しました!

人間に乱暴に捨てられたエイプリルでしたが、愛情あるケアを受けたおかげで人好きになり、今ではみんなにすり寄って甘えてくれるそうです。
tiny_R
新しい飼い主さんも見つかりました。もう辛い思いはおしまい!

これからは、いつまでも幸せに暮らして欲しいですね!
小さな体で多くの困難に打ち勝ったエイプリル、その姿を動画でもご覧ください!

この記事が気に入ったら『いいね』、『シェア』してね!


via:buzzmag

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。