pc
sp

【今頃、虹の橋を渡っていた】ある女性が施設のやせ細ったピットブルを引き取ると毎日甘えて女性にベッタリに…

 

米ペンシルバニア州フィラデルフィアの動物シェルターにてボランティアをしていた一人の女性…

彼女は施設で、ある1匹のワンコに心を奪われました。

ボロボロのやせ細ったピットブルでしたが、電撃的な運命を感じた女性は、出会ったその日に心を決め、翌日に彼を家に連れ帰りました。

このピットブルは近々殺処分が決まっており、彼女と出会わなければ、今頃虹の橋を渡っていたのです…

運命のワンコに遭遇

動物シェルターでワンコたちの散歩のボランティアをしていたケイラ・フィルーンさんは、初めて会った瞬間にラスが運命のワンコだと直感しました。

ですが、ラスの残された時間はわずかでした。

出会った頃のラス
1_e
ラスは4歳の迷い犬でした。

痩せこけてボロボロで風邪気味で、尾や耳の毛が無くなっていました。

ですが、性格は穏やかで吠えて騒ぐこともなく、静かにケイラさんを見つめていました。

その瞳の奥には生来の人なつっこさと愛嬌が見て取れたそうです。

とはいえ仕事は予定通りやらねばなりません。

この時点でケイラさんの心はもうドキドキしていたそうですが、それを確かめるためにもラスを外に連れ出しました。

散歩は45分間でしたが、最初の5分で予感は確信に変わったそうです。

ラスは広い屋外でも離れることなく彼女に身を寄せます。

さらに”お座り”や、”待て”といった基本的な動作を身につけており、飼い犬だった過去をうかがわせました。

2_e
かつては誰かに飼われていたラス。

シェルターにたどり着いた背景にはどんなにつらいことがあったのだろう?静かにたたずむラスの過去に思いを巡らせるうち、つかの間の散歩時間は終了しました。

3d_e

安楽死が迫る中、引き取りを決意

ケイラさんはラスを連れ帰りたい衝動を抑えながらルール通りシェルターに戻しました。

彼女はまず母親に連絡し、明日ラスを引き取ると宣言しました。

母親は散歩したワンコとすぐに恋に落ちる娘の話を本気にしませんでしたが、それでもOKと言ってくれたそうです。

犬を引き取るにはそれなりの覚悟や準備が必要で、さすがに当日というわけにはいきませんか。しかし急がなければなりません。

この施設ではやむなく15匹の犬たちを安楽死させるということが決まっていたのです。

特にラスのように弱って病気のワンコが選ばれる確率が高いのです。

4d_e

救出成功。元気になったラス

そして翌日。今日こそは!と気合を入れた彼女は今度はボランティアとしてではなく、里親希望者として、すぐにシェルターに行き、ラスに面会すると早急に里親の手続きを終えました。

そしてラスを車に乗せ、一緒に家に帰りました。

5d_e
家に着いたラスは、彼女のルームメイトにも気に入られました。

ラスはシェルター特有の風邪を患っていたため一旦静養し、治療しながら新生活に慣れていきました。

7d_e

8d_e

ラスは元気になると常に抱っこの機会をうかがう甘えん坊ぶりを発揮。

ソファにいるケイラさんと離れて寝るのを嫌がり、しかたなく自分のベッドで横になりながらうらめしそうな視線を送ってくることもしばしばだそうです。

「救出してくれてありがとう、ずっとギュっとしてたいの…」とでも言いたげな甘えん坊ワンコになりました…

ケイラさんにぺったり
11d_e

9d_e

14d_e

12d_e

13d_e

彼らの姿はケイラさんの友人のFacebookを通じてシェアされ、そのエピソードはあっという間に人々の心をつかみました。

ケイラさんは一連の写真がシェルターの犬を飼う人たちの後押しになることを心から望んでいます。

135b1560006b652cf122e8c6f38eb82e_e
会ったその日にラスとの楽しい日常がイメージできたというケイラさんですが、シェルターで出会いを求めていたラスもまた彼女に運命を感じていたにちがいありません…

この記事が気に入ったら『いいね』、『シェア』してね!


via;karapaia

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。