pc
sp

【ガンと脳卒中の重病持ち】余命わずかと診断され保護施設で死を待つだけの老犬をある女性が引き取ったところ奇跡が..

 

その時16歳となった老犬のローラは迷子になっていたところを米メリーランド州にある施設で保護され、間もなく3カ月が過ぎようとしていました。

そしてローラはただ年を取っていただけでなく、ガンと脳卒中という重篤な病を患い、ほとんど食べることもせず、ただ体を横たえるだけの日々。それはまるで全てを諦めてしまったかのようでした……。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

一目見ただけでもかなりのお年であろうことが分かるこちらのビーグル犬。
名前はローラ。

この時の彼女の年齢は16歳という、人間で換算するとおよそ80歳に相当する見た目に違わぬ立派な老犬さん。

ただその彼女のこれまでの16年が幸せなものだったのかどうかは誰にも分かりません。
何故なら彼女は2016年の6月に迷子になっていたところを保護された野良犬だったから。

そして保護されてからの彼女の日々は、幸せからはあまりに程遠いものでした。

一人の女性の優しさがかけた、しあわせな魔法

2016年6月に米メリーランドにあるアニマルシェルター(Animal Welfare League Queen Anne’s County)で保護される以前から既にガンと脳卒中という重篤な病を患っていたことが判明したローラ。

そんな最悪の健康状態ではやはり引き取り手がすぐに見つかるはずもなく、保護されてから間もなく3カ月の月日が経とうとしていました。

そしてその孤独な3カ月は、ローラから生きる気力を奪うのには十分すぎる時間で、いつしかローラは食べ物もろくに取ろうとせず、ただその場に横たわるだけの日々。

それはまるでもう何もかも諦めたかのようで、その姿を見兼ねてシェルターの職員であるクリスティンさんは自宅へ連れて帰ることを決断します。

ローラはもう長くないだろう、だからこそ、最後の数日だけでもローラにとって最高のものにしたい。
そんな思いから。

それはクリスティンさんからローラへの、せめてもの贈りもの。

だけど、このクリスティンさんの優しさがその後ローラに魔法の様な奇跡を起こしたのです。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

それはローラを連れて帰ってから僅か3日後のことでした。

彼女はまるでこれまでの状態が嘘だったかのようにご飯をたくさん食べ、体も活発に動かすようにどんどん元気に回復していったのです。
この劇的な変化には、さすがのクリスティンさんもびっくり。

でも、ならば出来る限り彼女の日々をより幸せでいっぱいにしようとクリスティンさんはローラとの思い出作りに海へ。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

その試みは大成功。

ローラはどうやら海をとても気に入ってくれたようで、それからクリスティンさんは、ならもっともっと楽しいことを、色んな所へ一緒に行こうと、ローラとのバケットリスト(やりたいことリスト)を作成。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

「フライドポテトを食べる」

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

「マイベッドで眠る」

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

「ビーチで遊ぶ」

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

「ハロウィン仮装をする」

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

「他のワンコと一緒に過ごす」

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

「ウサちゃんと仲良くする!」(ウサちゃんがちょっと怖かったローラ)

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

「新しい家族の一員になる!」

そうして施設から引き取ってから6カ月、ローラはとうとうすべてのバケットリストを完成させてしまいました。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

そして今、クリスティンさんはローラの為の新しいバケットリストを作成し「クリスマスプレゼントのスターバックスのパプチーノ(ワンコ用のドリンク)を楽しむ」の為に新しい家族と一緒にお散歩へ。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

奇跡は目に見えないけれど、優しさや愛は目に見えないけれど、今の元気なローラの姿がそれは確かにあることなんだと教えてくれる。

奇跡と愛と優しさに包まれて、ローラは今も新たなバケットリストの完成を目指し日々を精一杯生きています。

長生きしてねローラ!

この記事が気に入ったら『いいね』、『シェア』してね!

via:peco
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。