pc
sp

【経済成長の犠牲者】飼い主に捨てられ、事故で後ろ足を2本失いながらも懸命に子育てをするが、その仔も…

 

懸命に生きる

人口が多いことで有名な中国。

人口が多い分ペットを飼う人口も多いようですが、

その反面人間の身勝手な理由で捨てられる酷い現状も後を絶ちません。

sii

こちらは中国山西省の駅に捨てられていた犬。

名前はシィ(9歳)です。

中国の大都市でよく見る野良犬の一匹です。

彼女の飼い主は酷いことに、引っ越す際に彼女を捨てていったとの事。

全てが守られているペット生活から一遍、

自分で餌を見つけ安全な寝床を確保しなければならない環境に追い込まれたのです。

過酷な状況でも生きる希望を失わず、彼女は駅で食べ物をあさりながらなんとか暮らしていました。

そんなある日、彼女に悲劇が起きてしまいます。

涙が溢れるシィのエピソードを紹介致します…

中国には推定1億3千万の野良犬がいます。

その多くは、都市化のため何百万人もの人々がペット不可の高層マンションや住居に移動したためにこれだけ増えてしまったのです。

いわゆる経済成長による犠牲者と言えるかも知れません。

事故

いつものように駅周辺で餌をあさっている時、線路内に迷い込んでしまったようです。

その時、運悪く電車が来てしまい、シィと接触。

シィは後ろ足2本を失ってしまいました。

そんな大けがを負ったのにも関わらず、誰も助けてはくれませんでした。

どんなに痛くて、辛くて、悲しかったことでしょう。

それでも、シィは懸命に生き続けました。

そしてその後、シィは子供を産みました。

そのことがイギリスのニュースで紹介され、

世界中で報じられると動物保護団体『アニマル・アジア』を創設した方の目に留まったのです。

転機

このことがきっかけでシィとその子供たちは保護されました。

保護に乗り出したのは創始者であるジル・ロビンソンさん。

ジルさんは

「彼女のことが頭から離れませんでした。だから私は中国のチームに連絡して説得しました」と話したそうです。

ジルさんと中国チームは、シィとその家族を保護するために中国を横断。

してついにシィたちを見つけ出し、保護したのです。

ですが保護した子供たち4匹のうち、3匹がジステンバーという感染症にかかってしまっていたのです。

ジステンバーとは高熱や鼻水くしゃみが出て元気、食欲がなくなります。

そして嘔吐や下痢、痙攣などの神経症状を起こす場合があり、特に子犬の死亡率が高い感染症です。

通常の飼い犬でしたら、幼犬時のワクチンを受ける事で感染を抑えることが出来るのですが、

シィの子供たちはワクチンなど受けていません。

治療をしようにもすでに間に合わず、この3匹たちは短い生涯に幕を閉じました。

sii1

ジルさんはせめてシィには生き延びて欲しいと願い、シィを動物病院に搬送。

診察した獣医は電車の車輪に轢かれた際、

その熱によって皮膚が焼かれたことで出血が止まり、一命を取り留めたのではないかと話したそうです。

第二の人生

sii2

「シィ」という名前は捨てた飼い主がつけた名前です。

彼女は新しい人生のスタートとして「リリー」と名付けてもらい、

子犬は「マディ」と名付けられ、香港のロビンソン家で暮らすことになりました。

リリーのための車いすも用意されたそうです。

そして今、「動物大使」として動物虐待撲滅に務めるなど様々な活躍をしているそうです。

電車に轢かれて足を失い、そして出産からの子供との死別。

どん底生活だった野良時代からは想像も出来ないような転機。

現在はたくさんの人に愛され、安心して暮らせるようになりました。

痩せ細り、汚かった体もすっかり奇麗に。

sii3

どんなに辛い日々であっても、前向きに懸命に生きたリリー。

経済成長の陰にはこんな悲しい現実もあることに胸が痛みます。

今まで辛かった分、今後の人生はどうか幸せな日々になってもらいたいと思います。

この記事が気に入ったら『いいね』、『シェア』してね!


via:lenon

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。