pc
sp

【とうとう別れの日が…】保護された仔ヤマネコと母代わりだったニャンコとの「最後の日”」の様子に…今までありがとう…

 

ヤマネコのボブ。彼は嵐の翌日に発見されました。

その際、まわりには母ヤマネコの姿はなく、完全な孤独状態でした。

保護されてからというもの、あるニャンコがボブの母代わりに。

そしてある日、とうとう別れの日がやってきてしまいます…

ヤマネコのボブは母代わりの猫のママにお別れを..

ボブと名前を付けられた彼は、普通のニャンコではありません。
しかし、母代わりのニャンコ、スイートピーにとってかわいい我が子です。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

ボブは野生のボブキャットです。
ある季節の月初め、嵐が起きました。

風がやんだころあいを見計らって外にでた地元女性が、孤独に佇むボブを見つけたのがすべての始まりでした。

女性はボブを連れ、地元の保護施設へ連れて行きます。

最終的にボブはSargeというアニマルレスキュー財団に保護されることになりました。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

スタッフの女性はボブに母親が必要だと判断しました。

幸運なことに、あるママネコがすぐ候補に挙がりました。

彼女の名前はスイートピー。ボブと同じ日に保護施設にやってきた猫です。

彼女には5匹の子猫がいました。

「もう1匹増えるけど、いい?」

スタッフはスイートピーに訊ねますが返事するわけありません。

試しにボブを子猫の中に混ぜまてみました…

すると、スイートピーはボブを抱きしめてくれたのです。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

スタッフは毎日ボブの様子を確認しつつ、これからどうするかを協議しました。

地元の生物学者にも助言を仰ぎました。

生物学者曰く「人工保育が長引けば長引くほど、ボブを野生に帰すことが難しくなる。育てるならば野生に近い形にすべきだ」とのことでした。

これを受け、スタッフはボブをより野生に近い環境で育てる決定をします。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

しかし、そのころにはすでに、スイートピーはボブにべったり状態でした。

というのも、他の5匹の子猫は保護の間に乳離れをしていたのに対し、少し年齢が幼いボブはまだママから離れられなかったからです。

スイートピーからすればボブは「甘えん坊の末っ子」そりゃあ、かわいがりも増してしまいますよね。

かわいくても、ボブのためには離れなければいけない。

その別れの瞬間がきてしましました…

スイートピーはすべて悟っているようでしたが、その寂しげな仕草が、こちらもなんだか寂しくなってしまいます…

スタッフはボブとスイートピーの最後の瞬間を、映像に収めました。
▼その際の動画がこちらです▼

この記事が気に入ったら『いいね』、『シェア』してね!

via:peco
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。