pc
sp

【列車が来た!危ない!】線路の真ん中にたたずむ2匹のワンコ…列車が来ても動かない理由に目頭が…

 

あ〜危ない! この動画を見れば、誰だってそう叫んでしまうことだと思います。

雪が積もる線路上に横たわった2匹のワンコに向かって、列車が猛スピードで走ってきます……。

しかしワンコたちは、その場から動きません。

なぜ逃げないのでしょうか? 

その理由は、、、

1匹の犬が、怪我をしたもう1匹の犬に寄り添い守っていたからなんです。

その詳細をお伝えします。

・線路の上にいる2匹の犬

ウクライナ西部のウージュホロドで撮影されたこの動画。

デニス・マラフェエフさんという男性が、自身の Facebookページに投稿したものです。

雪の積もった線路の真ん中に2匹のワンコが横たわっているシーンから始まるのですが、すぐに向こうから列車が走ってきます。

「危ない!」と思う間もなく、列車はワンコたちの元に近づき飲み込みます。

けれども2匹がいるのは、両レールの真ん中の枕木の上でした。

地面と列車の間にあいたスペースに潜り込み、無傷でいられたのです。

・列車に接触しないように、1匹がもう1匹の頭を押さえつける

本件を報じた海外メディア『The Independent』によると、彼らはオスとメスの野良犬で、メスのほうが脚に怪我を負っていたとのこと。

2匹は同じ場所に2日間留まっており、お互いに体をくっつけて温めあっていたと伝えられています。

また、列車がやってくるたびにオスがメスの頭を押さえて、接触事故を起こさないように気を付けている姿も目撃されていました。

▼列車通過後▼

・最終的には保護されることに

もちろん、マラフェエフさんを始め地元の人々は、そんな犬を助けようと試みたそうです。

しかし、人間が近づくと、オス犬が興奮して手が付けられない状態になるので見守るしかなかったそうです。

それでも諦めなかったマラフェエフさんは、時間をかけて犬たちの信頼を勝ち得、保護することに成功しました。

オスをパンダ、メスをルーシーと名付けて、地元の動物保護施設に連れて行きました。

冒頭の動画は110万回以上再生され、マラフェエフさんに対して「犬たちを助けてくれてありがとう」などのコメントがたくさん寄せられています。

しかし彼は皆に対して、「勇敢なのは私ではなく、パンダのほうです」と話しているそうです。

現在では2匹のワンコの怪我の手当ても済み、新たな飼い主を探す準備をしているとのことです…

助かって、そして保護されて良かった!!そして…

メスを守る為に自分も動かないなんて、男気がありすぎですね♪

▼列車が通過する瞬間映像▼

*画像がスマホ画面からハミ出してしまう場合は、スマホを横向きにしてみてね

この記事が気に入ったら『いいね』、『シェア』してね!


via:rocketnews24

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。