pc
sp

【仔ねこを高速道路で保護した女性】脚に障害があり目が見えないことで獣医は安楽死を薦めた結果…

 

アメリカのフロリダ州に住むカーメンさんという女性が高速道路を走行中、1匹の子猫を発見して保護しました。

その子猫は後ろ脚が大きく曲がっていたので、カーメンさんは車の事故に遭ったのだと思いました。

その後カーメンさんはこの子を動物病院へ連れて行き、検査を受けた結果この子猫は生まれつき脚に障害を持っていたと言われます。

pre1

さらに不幸な事実を告げられます。

この子猫は生後5週間目でしたが、「目が全く見えていない」とのことでした。

将来も見える可能性は低いと言われたのです。

生まれつき障害があることで高速道路に捨てられたのかも知れません…

この重い障害を持って生まれた仔ニャンコはこれからどうなるのでしょうか…

カーメンさんの選択

仔ニャンコが重い障害を2つも持っていることで、獣医はカーメンさんにある選択を迫りました。

「この子を安楽死させますか?」

「一生面倒を見ますか?」

pre2

カーメンさんは迷うことなく言いました。

「私がこの子を引き取ります。一生愛します。」

その後手続きを済ませ、カーメンさんは子猫を自宅へと連れて帰ります。

名前を「プレッツェル」と付けました。

手術の決断

pre3

体の不自由なプレッツェルは、全てのものに怯えていました。

何かが近寄ると威嚇していたそうです。

pre4

そんなプレッツェルに、カーメンさんは毎日愛情をもって接しました。

次第に彼女の努力が届き、プレッツェルは心を開いて甘えるようになったのです。

カーメンさんの愛情で、プレッツェルは元気にたくましく育ちました。

十分な体力をつけたプレッツェル、

カーメンさんは思い切ってフロリダ州にある大学病院で後ろ脚の手術を受けさせました。

pre5

その結果、プレッツェルは真っ直ぐな後ろ脚になったのです。

あの時安楽死を選択していたら…

pre6

現在のプレッツェルです。

今も目は見えていませんが、そんなことは気にしていのだとか。

pre7

あの時、カーメンさんがプレッツェルを救っていなければ、このような幸せは無かったことでしょう。

pre8

あの時安楽死を選択していたら、

カーメンさんはこんな美しく愛らしい猫に出会うこともなかったと思います。

カーメンさんの優しい勇気のある決断が無ければ、プレッツェルはこの世にいない猫でした。

彼女の美しい心が、この美しい猫を誕生させたのだと思います。

この記事が気に入ったら『いいね』、『シェア』してね!

via:lenon

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。