pc
sp

【空き家に置き去りにされた孤独なワンコ】新しい家族が出来たけど、いつも人の気配を追い求める姿に…

 

アメリカのニューヨーク郊外の空き家でたった1匹で暮らす犬がいました。

彼はジャーマンシェパードの血を引く犬で名はハムといいます。

しかし彼は野良犬ではないのです。

元の飼い主が所有する空き家に置き去りにされていたのです…

かつてハムは飼い主一家とともに暮らしていました。

ですが、いつの間にか家族は彼を邪魔もの扱いするようになっていったそうです。

元の飼い主の言い分は、

「彼は家の中に毛を落とし、忙しい時でも散歩を要求する面倒なペットだったからだ。」と言います。

そしてある日、ハムは飼い主が所有する空き家に置き去りにされたのです。

そんなハムの境遇を知った保護団体のスタッフは、世界で最も孤独な彼の物語を投稿し、里親探しを進めていました。

すると空き家の近所に住む動物好きな夫婦が名乗りを上げ、ハムを家族の一員に迎えました。

孤独だったハム、家族ができた今でもまわりの気配を確認する日々

新しい家族に囲まれて眠る最初の夜、ハムは自分のいる場所を確かめるように何度も起き上がっていたそうです。

彼はリビングルームにある自分のベットに横になりながら、時々頭を持ち上げて、何度も自分の周囲をチェックしていました。

そしてまわりに誰かいるのがわかると安心してまた眠りにつきます…
それは1週間たった今でも続いているそうです。

1_e

空き家の窓のそばで人々を眺めていた日々

ハムのこうした妙な行動は彼のこれまでの環境を考えれば仕方のないことかもしれません。

彼は空っぽの家に閉じ込められ、ひとりぼっちで過ごしているのですから。

ハムの過去を知る動物福祉団体のリサ・ハートさんによると、以前空き家で暮らしていた頃のハムは窓のそばに座り、人々が通り過ぎるのをひたすら眺めていたといいます。

ハートさんはハムの元飼い主から”ハムの引き取り手を見つけてくれないか”、と相談されていました。

つまり見つからなければシェルター行きの選択肢しかないということです。

3_e
彼の境遇を知ったハートはできるだけ頻繁に空き家を訪問し、ハムを連れてよく散歩に出かけました。そして無人の家に帰る時間になるとハムはいつも鳴いていました。

4_e

近所の動物好きな一家がハムの里親に立候補

こんなのは絶対間違ってる。そう思っていたハートの所属団体に、ある日思いがけない連絡が入った。

それはハムの物語に目をとめた動物好きな夫婦からの問い合わせでした。

彼らはハムの空き家のそばに住んでいたのです。

彼を迎えたいと申し出た新しい家族は、動物福祉の弁護士であるニール・エイブラムソンと彼の妻で獣医のエイミー・ロドリゲスとその子どもたちでした。

彼らはマンハッタン郊外の家でありとあらゆる動物と暮らしていました。
 
夫婦はかねてから悲しい境遇にある動物たちの話を見聞きしていたものの、その情報の発信地はほとんどが遠すぎて現実には何もできないことに心を痛めていました。

ですが、ハムの場所は自分たちが住んでる場所から車で20分ほどのところにあると知り、早速連絡を取ることにしたといいます。

ハムの新しい犬生は寂しさとは無縁に、しかし…

ハムは広大な敷地に建つ新たな家と家族を手に入れました。

そこには犬や猫だけでなく、ブタやニワトリ、亀にウサギ、さらにオウムや馬までおり、そのすべてがかつて保護された過去をもっていました。

2_e
到着したハムは積極的に動物たちと挨拶を交わし、4匹の犬の仲間たちからは熱烈な歓迎を受けました。

8匹の猫たちからは遠巻きに品定めされ、オウムからは鼻をくちばしではさまれたりしたものの、はじめてみた馬に興味津々のハム。

5_e

新たな家で迎えた記念すべき第一夜。

ですがハムは、ひとりぼっちでないことを確認するように30分おきに目を覚ましました。

そしてそれは今でも続いています。

エイブラムソンさんは、彼の浅い眠りがいつか普通の睡眠になることを願っています。

6_e
空き家に置き去りにされた恐怖と不安を忘れ、たくさんの仲間たちと目いっぱい遊んでぐっすり眠ります。

それがハムの日常となる日をみんなが待ちわびています。

早く心が癒えることを願います…

この記事が気に入ったら『いいね』、『シェア』してね!

via:karapaia

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。