pc
sp

【交通事故でアゴの骨が砕けてしまったニャンコ】命を救ってくれたお礼は「世界一の笑顔」でした♪

 

ある日、野良猫だった『ダッチェス』は車にはねられ、うずくまるように倒れていました。偶然そこを通りかかったテイトさんがダッチェスを発見し、すぐに動物病院へと連れて行ったのです。

運ばれてきたダッチェスを見たマイヤー先生は、すぐに緊急手術を始めました。事故によって、かなり変形してしまったアゴも、できるだけ元の状態に戻そうと全力を尽くしたのです。

アゴが曲がっている猫

車にはねられたときの衝撃は相当なものでしたが、ダッチェスは奇跡的に生き延びることができました。

世界一の笑顔

テイトさんが手術後に初めてダッチェスに会ったのは、ちょうど栄養チューブが取り外される時でした。見違えるほど回復したダッチェスの姿に、テイトさんはとても驚いたそうです。

ダッチェスは人懐っこい性格だったようで、テイトさんが近づくとゴロゴロと喉を鳴らしながら寄ってきました。

アゴが曲がっている猫

それからダッチェスとテイトさんの共同生活は始まりました。

テイトさんはいつもダッチェスに寄り添い、いっしょの時間を過ごしました。

そして、ダッチェスの身体に異常があれば、すぐにマイヤー先生に連絡したのです。

立ち上げる猫

テイトさんは当初、猫の看病の知識を持っていませんでしたが、ダッチェスといっしょに一つ一つ学んでいったそうです。

ベロを出す猫

そんなテイトさんの一日は、ダッチェスの笑顔から始まります。

スマイル猫
いい顔してる猫

朝になると、ダッチェスがステキな笑みを浮かべて、起こしにきてくれるのです。

くつろぐ猫

そして手術から数ヶ月が経ちました。

危険な状況を乗り越えたダッチェスは、今でもテイトさんといっしょに元気に暮らしています。

まったりする猫

テイトさんは「毎日、ダッチェスから笑顔のプレゼントをもらっているの」と言います。

その笑顔につられてテイトさんも自然と笑顔になり、毎日を楽しく過ごしているそうです。

幸せそうな猫

生死の縁を彷徨ったダッチェスは、テイトさんとマイヤー先生のおかげで奇跡的に助かりました。すっかり元気になったダッチェスは、命の恩人にたくさんの恩返しをしているようです。

アゴがちょっと曲がったダッチェスは、世界一の笑顔をプレゼントしてくれる、最高のパートナーなのです♪

この記事が気に入ったら『いいね』、『シェア』してね!


via:eureka

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。