pc
sp

【同じ飼い主に捨てられた2匹】でも絶対に離れたくない!里親さんを探すのに一緒だと難しいのではと心配したが…

 

2016-11-28-04-00

この重なる大きなワンコと小さなワンコの写真が、Facebook上で話題となりました。

悲しそうな目つきで、こちらを見る犬たち。いったい何があったのでしょうか…

どの写真にも、大きなワンコの上にのっかる小さなワンコ。

とても仲は良さそうですが、寂しそうな様子はうかがえます。

ここはアメリカ・アイオワ州にある「Animal Rescue League of Iowa」という犬の保護施設

そこに同じ家庭から引き取られてきた、大きなワンコのチューバッカと小さなワンコのCC

ずっと一緒に住んでいて、家庭の事情でこちらへやってきました。

寂しさと恐怖なのでしょうか、ひとときも離れることがなくなりました。

実はチューバッカとCCのいたおうちには、人間の赤ちゃんが生まれ、アレルギーを持っているとのことで、2頭はここへ連れてこられたのです。

つまり、もう飼えなくなってしまったのです。

アレルギーということで、仕方もないのかもしれませんが、2頭のとてつもなく寂しそうな様子は見ていられません。

今まであった温かい家庭での暮らしが一気に崩れました。

「これからどうなっちゃうの?」「パパやママは?」と不安いっぱい。

そしてこの保護施設がFacebook上で、飼い主を募集するべく、チューバッカとCCの写真を投稿し始めました。施設はこんなことを書いています。

『チューバッカとCCは、私たちが犬舎前を通ると必ずこうして寄り添っています。たいていCCがチューバッカの上にもたれかかっています。』

2頭は散歩や車に乗るのが大好きで、私たちがすることに何でも興味を持ってくれます。元々他の猫や犬たちと一緒に暮らしていていたので、心地いいご家庭で迎えてくれると嬉しいです。』

そして最後にこうつづっています。

『2頭の絆はとても固いです。どうか一緒に引き取ってあげてください。』…

.….

1頭ずつ別々にというなら、多少は引き取り手も見つかりやすいのかもしれませんが、2頭一緒にということなので、なかなか難しいのでは??

しかし、Facebookに投稿するやいなや、多くの人々の「いいね」やシェアコメントが寄せられました。

本当にかわいい!」「ぜひ引き取りたい!」というメッセージなどが次から次へと。

FacebookなどSNSというのは、本当に拡散が速いです。

ついにこのチューバッカとCCは、新しい家庭へ貰われていくこととなりました。しかも同じ家庭にです!

これらの写真は、施設での重なっている姿、もらわれていく日、新しい家庭での楽しすぎる日々のもの。

見て下さい!貰われた家での生き生きした2頭の目!本当に楽しそうです。

元々飼い犬だったためか、散歩も上手にできます。車にも楽しく乗ってくれます。

優しい家族と毎日楽しく遊んで生活している様子がうかがえます。

そしてもっと嬉しいことは、この家には、他にも2頭の犬や3匹のぶたがいるんです!そう、チューバッカとCCには、新しいきょうだいも増えたのです。

すぐに打ち解けて、楽しくはしゃいでいますね!

施設のフェイスブックにもたくさんのお祝いメッセージが寄せられました!

一時期は不安で悲しかった2頭でしたが、今ではこんなにも楽しい生活があり、これからも刺激いっぱいで、生き生きと暮らしていくことを祈ります。

良かったね!チューバッカ、CC!!

この記事が気に入ったら『いいね』、『シェア』してね!

via:spotlight
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。