pc
sp

【”安楽死”数時間前の最後の散歩】一匹のワンコの生前葬に大勢の人と友達犬が集まり感動して泣いたとの事ですが…

 

2016-11-20-04-00

これってあなたはどう思いますか…

先日、イギリス南西部コーンウォールのニューキーにあるポースビーチに何百人もの人が犬を連れて集まりました。

その光景は各英紙やニュースでも取り上げられ、人々の涙を誘ったそうです…

グレイハウンド、ウォルナットの最後の散歩

「ウォルナット」と名付けられたグレイハウンドの飼い主であるマーク・ウッズさんは、自身のFacebookにこう呼びかけました。

「とても悲しいことなのですが、11月12日(土曜日)にウォルナットは安楽死となります。18年間生きて来た彼の人生はとても素晴らしいものでした。そこでウォルナットが大好きだったポースビーチで、最後の散歩をしたいと思っています。

犬を飼っている人、犬好きな人、お友達も誘って、どうかウォルナットの最後の散歩を私たちとシェアしてください。時間は9時半です。では土曜日にビーチでお会いしましょう。」

マークさんには苦渋の決断だった…

2016-11-20-04-01

18年間生きて来たウォルナットは、もう長い間、自分では歩けないほど弱っており生きるのが辛そうだったそう。何度も倒れて瀕死の思いをしたこともあったのだとか。

飼い主として辛いことは、「その時」を決断すること…

マークさんは家族のように思って来たウォルナットの安楽死という決断をするにあたって、相当悩んだと言います。

でも、これ以上辛い思いをして苦しみながら最後の最後まで生きるよりは、まだ、幸せなうちに逝かせてあげることが飼い主としての責任ではないかと思ったのかも知れません。

最後の散歩には何百人もの人が集まってくれた

2016-11-20-04-02

マークさんのFacebookでの呼びかけに、大勢の人が反応しました。

「遠くにいるから行けないけれど、ウォルナットのことを思っています」というコメントも寄せられ、実際にポースビーチには何百人もの人がワンコを連れてやって来てくれました。

 2016-11-20-04-03
マークさんは、仔犬の頃から飼っているウォルナットは自分にとって「大親友」だったと語りました。
その大親友の最後のためにこれほど多くの人がサポートの声を寄せ、またビーチに集まってくれたことに感謝し、みんなと少し寒いビーチでの散歩を楽しみました。
2016-11-20-04-04

最後の日に、また新しい友達がたくさんできたウォルナット。

彼の生きた日々の記憶はきっと幸せなものだったに違いありません。

2016-11-20-04-05

この散歩の後、マークさんは家族と他の3匹の犬と共にウォルナットを病院へ連れて行きました。

最後の食事として、ウォルナットは大好きなバーガーとカスタードクリームを口にしたそうです。

そして11時56分、ウォルナットは家族に見守られながら18年の生涯を閉じました…

「安らかな眠りでした。今日という日を一生忘れません」

 2016-11-20-04-06

マークさんは、ウォルナットが旅立ったことをFacebookにこのように綴りました。

「ウォルナットは、僕の腕の中ですぐに旅立って行きました。今朝、私たちと時間を過ごしてくれたみなさん、そしてウォルナットのことを遠くから祈ってくれたみなさんに深く感謝しています。僕は生きている限り、今日という日のことを絶対に忘れません。

改めて、僕たちは生かされていること、この世界で大切なペットと共に人生をシェアできたことを本当に幸運に思いました。みなさんにも神のご加護がありますように。ありがとう。」

ウォルナットよ、安らかに…

2016-11-20-04-07

マークさんはもちろんのこと、このニュースはイギリス国外でも報じられ、ウォルナットのことを知った多くの人が感動の涙を流しました。

誰かの一匹の犬のために、コミュニティが、そしてSNSのパワーが呼んだ人との繋がり、そして「シェアしよう」という思いを寄せてくれた多くの人が存在するという事実に「泣ける」「こんな最期を迎えられて幸せだね」「とても美しい」という声が寄せられました。

グレイハウンドの平均寿命は13歳ほどなのだそう。それと比べるとウォルナットは長生きした方だとマークさんは言います。ウォルナットの18年間が幸せに満ちていたであろうことはマークさんのFacebookに綴られた最後のメッセージを見てもわかります。

マークさんの家族として親友として生きて来たウォルナット、今は安らかに天国で休んでいることを祈ります…

「天国で休んでいるでしよう」でなく「休んでいることを祈ります…」にしたのは、動物が大好きな私としても、マークさんの心情を察すると胸が痛みます…

しかし、安楽死を本当にウォルナットが求めていたのか?それが正しい選択だったか、疑問が残るからです。

欧米ではペットを安楽死させるというのは珍しい事ではないそうです。

私はこのお話を聞いて言葉は悪いですが、「殺す前の晒しイベント」と感じてしましました。

自分のペットだからと動物の命を操作する権利が、飼い主にあるのだろうかと考えさせられました。

難しい問題なので自分自身まだ答えが出ませんので、皆さんもどう思うか、あえてこのお話を取り上げてみました…

あなたはどう思われますか…

この記事が気に入ったら『いいね』、『シェア』してね!


via:spotlight

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。