pc
sp

【家族にしてくれませんか?】行き場がない老犬が家の周りから立ち去ろうとしない…結果は運命の出会いに!!

 

 

0_e4

その日チェルシー・ロペスさんは、車で午前1時に仕事から帰宅しました。

家の駐車場につくと、一匹の大きな黒い犬が車に走り寄ってくるのに気づきました。

見たことのないワンコでした。

最初は襲いかかってきたのかと身構えました。

しかし車を降りてみると、すぐに心優しい迷い犬だということがわかりました。

尻尾を振ってすがるような目でロペスさんを見つめていたのです。

首輪はしていなかったけど、首まわりの毛の様子から、かつては飼い犬だったということがわかりました。最初はどこかで飼われていたワンコが脱走してきただけだと思ったといいます。

とくに深く考えずに、ロペスさんはポーチにエサと水を置いて、そのまま家の中に入ってベッドに直行しました。ワンコはそのうち自分の家に帰るだろうと思っていました。

しかし、その考えは間違っていることに気が付かされることとなります。

1_e5

玄関のポーチから立ち去ろうとしない老犬

のちにマギーと名づけれるこのワンコは、一晩中鳴いていましたが、ポーチを離れようとしなかったのです。翌日、ロペスさんはちょっと遊んでやってから仕事に行きました。

その晩帰宅するとマギーはまだそこにいました。

飼い主が心配して探しているだろうと思ったロペスさんは、マギーの写真を何枚か撮って「迷子犬」のポスターを作り、誰かが気がついてくれるのを期待して近所を訪ね歩きました。

すると、マギーも一緒についてきて、さかんに注意を引いて、かまってもらおうとしていました。

2_e2

ですが、一向に飼い主は現れません。

そこでロペスさんと夫は、マギーを連れて動物管理局員に行き飼い主を探し出してもらうことに…

局員は地元のシェルターにマギーと連れていき、飼い主をつきとめようとしました。

マギーが連れていかれた後も、ロペスさんたちは優しい老犬の身が気になってしかたがありませんでした。

「夫とわたしは、あの仔のことが大好きになっていたので、大丈夫かどうか、ただひたすら確認したかったの。できるだけシェルターにあの仔を訪ね、行かれないときは電話を入れて、飼い主が見つかったかどうか訊いたわ。あの子のために、どうか、すべてうまくいきますようにと願わずにはいられなかった」とロペスさん。

3_e4

飼い主は名乗り出なかったものの・・・

しかし、1週間が過ぎても飼い主は名乗り出てきませんでした。

施設では別の里親を探すことになりました。だがそれを聞いたロペスさんはすぐに決断しました。

「結局、シェルターが開く時間に駆けつけて、あの子を家に連れて帰ることにしたの」マギーの元の飼い主は見つからなかったが、すぐに新たな家族ができた瞬間でした。

それはマギーが自ら見つけ出し、立ち去ることを断固拒否した、やさしいあの家族です。

4_e4

皆に心を開かせる、不思議な能力を持つマギー

ロペスの家にはすでにチャーリーという先住犬がいて、怖がりで人と離れるを極度に嫌がるので、新参者のマギーに彼がどういう反応を示すか不安なものがありました。

しかし、マギーはすぐにチャーリーの心もがっちりつかみました。

「マギーを家に連れてくると、2匹はすぐに互いが気に入ったみたい。チャーリーはマギーがそばにいれば、わたしたちが不在でも吠えなくなった。マギーは家族の絆を固めてくれたのよ」

それから、5ヶ月後、ロペスさん夫妻はもう一匹モコという犬を引き取りました。

怖がりの小さな犬だったのに、マギーと出会ってすぐに自分の隠れ家から出てくるようになったといいます。

マギーは周りのみんなを安心させ、自分が大事にされているのと同じくらい、新しい家族に愛情を見せます。

5_e4

マギーがこの家を選んだのは必然だったのかもしれない

数ヶ月前、マギーは体重が激減し始め、元気がなくなって以前のように遊ばなくなりました。

獣医に診せると、糖尿病と診断されました。(注:犬の糖尿病は遺伝的素質や自己免疫反応、ウイルス感染や加齢、ストレス、食べすぎ、運動不足など様々な要因が複雑に絡み合って発症すると言われており、8歳前後からシニア犬にかけて発症する場合が多い。その治療も食事管理だけでコントロールできるものはとても少ないそうです。)

「糖尿病の影響で視力を失う可能性があることはわかっていたわ。だから、マギーの目が見えるうちに、あの仔が好きなあらゆることをしてあげようと決めたの。キャンプに行ったり、湖で泳いだり、車で旅をしたり」

6_e3

あれから、マギーの目はほとんど見えなくなっています。

ですが、自らがその意思で晩年の伴侶として選んだ、やさしいロペスさん夫妻や犬の仲間たちのおかげで、まだまだ幸せなワンコです。

マギーは目が見えない事実ともなんとかうまく折り合っていて、家族と遊んだり過ごしたりする時間をそれなりに楽しんでいます。

7_e3

もう歳かもしれませんが、マギーは残された自分の人生を精一杯生きています。

マギーはあの日、ロペスさんの車を見た瞬間にすべてがわかっていたのかも知れません。

この家で果たすべき役割があるということを。そしてこここそが本当の自分の居場所であるということを。

「マギーはなんらかの意図をもって私たちの元へと訪れてくれた。私たちにとって本当になくてはならない存在なのよ」ロペスさんはそう語りました…

この記事が気に入ったら『いいね』してね!

via:karapaia

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。