pc
sp

【耳のない老猫】保護施設で長い間、引き取り手が現れなかったニャンコ、ついに”運命の人” に出会い人生が変わりました…

 

大学院生のモリーさんは過去の交通事故で、日常生活にいつも不安を抱え、時々ストレスでパニック発作を起こすことがありました。

そこでモリーさんは不安を少しでも和らげるために、ネコと一緒に暮らすことにしたのです。

モリーさんの実家は農家をやっていて、幼い頃からずっとニャンコと一緒に暮らしてきました。

そのためニャンコは、モリーさんの生活の一部になっていたのです。

モリーさんはある日、保護猫の譲渡も行っているペット用品店に出かけました。そこで1匹のニャンコと出会ったのです。

耳のない猫

ニャンコの年齢は9歳半で耳がありませんでした。そのため長い間、引き取り手が現れなかったのです。

しがみつく猫

このニャンコの過去について知りたくなったモリーさんは、ニャンコが入っていた保護施設に連絡を取りました。

そして、ニャンコの前の飼い主が、耳にできた腫瘍を治療するためのお金を持っていなかったため、耳を失ってしまったことが分かったのです。

その後、前の飼い主はこの仔を保護施設に引き渡したそうです…

見つめる猫

ニャンコは耳がほとんど聞こえませんでしたが、モリーさんは気にしませんでした。モリーさんはこのニャンコに一目惚れしたのです。

モリーさんはニャンコに『オタイティス』と名づけました。

オタイティスは引き取った翌日に、自分の殻から出てきました。そして、モリーさんに力一杯すり寄ったのです。それはオタイティスの運命が変わった瞬間でした。

しがみつく猫

その日以降、オタイティスはモリーさんをいつも見つめるようになりました。

ベッドの猫

こんなところからも見つめてきます!

覗く猫

オタイティスは年を重ねていますが、とてもお茶目でエネルギーに満ちています。

好奇心に満ちた姿は、まるで子猫のようです。また、オタイティスは耳の障害も全く気にしていないようです。自分のやり方で、モリーさんの気持ちを感じることができるからです。

オタイティスは、普通のニャンコのようにコンピュータの上が大好きで…

温まる猫

ご主人が何をしているかをいつも知りたいと思っているのです。

お茶を待つ猫

もちろんお腹のナデナデも要求してきます♪

遊ぶ猫

こちらは毎朝の起床後の光景です。

2016-11-07-05-01

オタイティスはとてもご主人想いの優しいニャンコで、モリーさんがストレスでパニック発作を起こした時は、心配そうに抱きしめてくれるそうです。

そんなオタイティスについてモリーさんはこう話します。
「オタイティスは私を落ち着かせてくれる唯一の存在です。彼は今まで出会った中で最高の猫です。あの日、ペット用品店で私が彼を救ったのではなく、彼が私を救ってくれたのです。」

撫でられる猫

どうやらふたりの出会いは、偶然ではなく運命だったようです。深い絆で結ばれ、お互いになくてはならない存在になったふたり。これからもその関係は永遠に続いていくことでしょう。

この記事が気に入ったら『いいね』してね!

via:eureka

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。