pc
sp

【救世主ネコ】一時預かりをしていた中で一番小さな子猫が、不安障害の男の子をほぼ完治に近い状態へ…

 

2016-10-01-05-00

不安障害に苦しむ7歳の息子・ジョナソン君とともに、一時的な預り手として、子猫を抱える猫の世話をしていたセレナ・アンローズさん。

彼らは、助けを必要としている動物たちをいつでも受け入れてあげられるようにとの思いから、「一生のペットは飼わない」というルールを決めていました。

 
そんなある日のこと。ジョナソンくんが、強いストレスを感じてパニック状態になってしまいます。

すると、そのとき家にいた子猫たちの中で最も体が小さい1匹が、彼のもとに歩き始めました。

そして…

「子猫が息子の身体の上に乗ったと思ったら…。息子はぴたりと落ち着いて、最高の笑顔を見せてくれたの」

zena
彼らの間には絆がある。そう感じたセレナさんは、長らく守ってきたルールを破ることを決めたといいます。

 
こうして、ジョナソンくんの「守護天使」として一緒に生活するようになった子猫は、ゼナウェルと名付けられました。

boy-and-cat_r
ジョナソンくんが不安で怯えてしまったとき、彼女は彼の身体によじ登り、ニャアと鳴いて慰めてあげます。

on-his-legs_r
具合の悪そうな日には、一日中そばに座って過ごしたり、泣いているのに気付いたら、爪を立てずに前足で撫でてあげたり…。

on-his-side_r
ゼナウェルは、不安でイライラしている彼を怖がったりすることもありません。

彼女は、彼女自身がジョナソンくんのために出来ることを、何でもしてあげていました。

そして現在…

 
小さかったゼナウェルも、すっかり成長し、大人の猫になりました!

cats_r
そしてなにより嬉しいことに、ジョナソンくんは一生の友達を得たおかげか、今では不安障害を起こすことがほとんどなくなったそうです。

hugging_r
セレナさんは語ります。

「ゼナウェルは私たちの救世主だと感じています。彼女に出会えて、本当によかった」

 
出会うべくして出会った彼ら。家族みんなの絆は、これからも続くことでしょう。

この記事が気に入ったら『いいね』してね!

via:buzzmag

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。