pc
sp

【重篤の白ニャンコ】飼い主が治療費を払えないとその命を諦めました…それに対し獣医がとった行動に…

 

2016-09-29-04-00

とある動物病院での出来事。

とても具合の悪い白猫が連れてこられたのですが、飼い主はどうしても治療費を払うことが出来ないと、その命を諦めようとしました。

 
しかし、なんとしてでも猫を死なせたくないと思った獣医さん。

無償で治療を施し、回復するまでの3日間、世話をすることに決めたのです。

 
その結果



白ニャンコは、すっかり元気に!

walking-up
以来、まるで感謝の気持ちを表すかのように、助けてくれた獣医さんにべったりと甘えるようになったそうです!

体調が悪かったときでも、とても可愛らしく振舞っていた白ニャンコ。

元気になってからは、様子を見に行くたびに肩へとよじ登り、ハグやキスをしてくるようになりました。

on-her-shoulder
kissing
獣医さんが命の恩人であることを、ちゃんと理解しているようです。

eyes-to-eyes

hugging
獣医さんも、とっても嬉しそう!

close
後日、この義理固い白ニャンコは、獣医さんの母親が引き取ることになったそうです。

白ニャンコは今、この上ない幸せを感じているように思います。

長生きしてね!

この記事が気に入ったら『いいね』してね!


via:buzzmag

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。