pc
sp

【保護された直後は怯えていた子猫】飼い主さんの根気と優しさで次第に警戒が解けていく姿に…

 

2016-09-17-04-00

ある日、ガレージの中で野良の子猫が保護されます。

子猫はすぐに優しい保護者の家で暮らし始めたのですが、野生にいたために中々打ち解けられません。

ですが保護者は諦めず、根気よく子猫と向き合いました。すると、徐々に子猫が懐き始め……

海外の画像掲示板「imgur」のユーザであるgwarramboさんは、ある日家のガレージで小さく震えている子猫を見つけました。

子猫は生後3~4週間程の、まだ小さな子猫。
このまま放っておけば命に関わる状況であったため、gwarramboさんは子猫をすぐさま毛布にくるんで保護しました。

その日から子猫は家族の一員になりました。

徐々になついていった子猫。今では……?

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

拾われた子猫。つけられた名前は「ハンク」

飼い主さんは子猫を安心させようとしますが、やはり3週間野良生活を送っていた為に警戒心が強く、中々なつく気配がありません。誰かが近づけばすぐに隅っこへ逃げてしまい、威嚇を繰り返します。

それでも飼い主さんは根気よく子猫に接し続けました。怖くないんだよ。もう独りになることはないんだよ、と優しさを与え続けたのです。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

食事のときも、こっそり隠れるようにして食べていたそうです。

飼い主さんはどうしたら子猫と仲良くなれるかを考えました。そうしてまず飼い主さんは子猫と同じ部屋で、それもベッドではなく床の上で一緒に眠ることにしたのです。飼い主さんの努力は続きます。

すると子猫は、次第に警戒をゆるめていきました。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

ハンク「お腹の上あたたかいニャ」

それは、同じ部屋で寝るようになって2、3日後のことでした。
なんと子猫のほうから、飼い主さんにくっついてきたのです。勿論飼い主さんは大喜び。それからは子猫は触られても嫌がる素振りを見せなくなりました。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

飼い主さんから子猫にベッドのプレゼント。

子猫はすぐにベッドを気に入りました。サイズもぴったりに収まっていますね。ほっとするのか、拾われた時とは違って、表情にもリラックスしている雰囲気が見れます。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

お気に入りの毛布の上でおねんねのハンク。

だいたいハンクはこの毛布で寝転がり、ゴロゴロしています。
それにしても、ぐっすり! 落ち着く場所が出来てよかったね~♪

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

見てください、このリラックスっぷり♪

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

ハンク「ここが落ち着くんだニャ♪」

飼い主さんの腕で甘えるハンク。
保護から1~2週間後には既に家の中を歩き回るほどに元気になっていました。

そして、ハンクを優しく迎えてくれたのは実は飼い主さんだけではありませんでした。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

飼い主さんが飼っていた他の猫たちとも徐々に打ち解け、やがて親友同士に!

今ではとっても幸せに暮らしているハンク。あの日、優しい飼い主さんたちに保護されて本当によかったね。これからも楽しい日々が続くことを、心から祈っています。

この記事が気に入ったら『いいね』してね!


via:peco

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。