pc
sp

トラックに紛れ込み離れ離れになった猫の親子が優しい左官屋さんのおかげで無事再会♡

 

2016.08.22-04-00

アメリカ・フロリダ州ネイプルズの建設現場でのこと。

ひとりの左官屋さんが作業に取り掛かろうと、トラックの荷台に置いてあったバケツを運ぼうとしたとき、彼はとんでもないことに気が付きました。

バケツの中に…なんと、4匹の子猫たちがいたのです!

子猫たちは、バケツごと左官屋さんのトラックに乗って60kmもの道のりを走り、ネイプルズの現場まで来てしまっていました。

近所に猫の親子がいたことは知っていたという左官屋さん。どうやらご飯を探しに行こうとした母猫が、外敵から守るべく、知らないうちに子猫たちをバケツの中に隠していたようです。

これに気づいた現場は大騒ぎ。まだ生まれて間もない子猫たちを下手に取り扱うと死んでしまうと思い、猫の保護施設(Naples Cat Alliance)に預けることに決めました。

「施設に来たとき、子猫たちの健康状態はとても良好でした。きっと、母猫がちゃんとお世話をしていたのでしょう」

施設スタッフはそう話します。

とはいえ、まだ幼い子猫たちのこと。やはりすぐにでも、母猫のもとに戻すのが一番です。

左官屋さんは、母猫がとても人懐っこい性格だったことを思い出しました。

母猫を見つけさえすれば、きっと保護できるはず。そう考えた彼は60kmの道のりを引き返し、夜遅くまで彼女を探し続けました。

その結果…

左官屋さんから施設のもとに嬉しい知らせが入りました。

「子猫たちの母親を見つけて捕まえました!」

次の日になるまで待てなかった施設スタッフは、その電話をもらうと、すぐさま夜道を車で走り出しました。

その間、子猫たちは毛布にくるまりながら、母親との再会の時を待ちます。

夜の11時、母猫を連れて戻ってきたスタッフは、彼女を子猫たちのいる部屋に放しました。

母猫は子猫たちの姿を見つけると、においを嗅いで確認します。そして、安心したかのように子猫たちに寄り添い、お乳を飲ませ始めました。

子猫たちも、よっぽどママのお乳が恋しかったのか、ものすごい勢いで飲んでいるようです。

感動の再会の様子は、ぜひ動画でもご覧ください!

施設のスタッフは、その時の様子を振り返ります。

「母猫を保護して施設に戻る車の中で、もしこの猫が子猫たちの母親でなかったらどうしよう、と考えていたのです。しかし、お乳を飲んでいるこの姿をみたら、母親で間違いありませんね。安心しました!」

思いがけないハプニングのせいで、一時は60kmも離れ離れになってしまった猫の親子。

彼らは、親切な左官屋さんと施設スタッフのおかげで、無事再会を果たすことができました。

母と子の幸せそうな姿に、見ているこちらも、ホッとしますね(*´▽`*)

この記事が気に入ったら『いいね』してね!


via:gunosy

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。