pc
sp

【これも遠距離恋愛!?】野良犬が地球の裏側に住む女性に恋をして、根気よく待ち続けた結果…♡

 

2016.08.11-05-00

遠距離恋愛?!

遠距離恋愛を続けるというのは、人間にとってもけして容易なことではありません。

しかし、1匹の野良犬が地球の裏側に住む女性に対して恋する気持ちは、半端ではありませんでした。彼の根気と粘り強さ、そしてその変わらぬ決意は、目を見張るものがありました。

1匹の野良犬

アルゼンチンで出会った友人

ドイツ在住のオリビア・シーヴァースさんは、フライトアテンダントの仕事でよくアルゼンチンに飛びます。そのアルゼンチンで、オリビアさんは友人ができました。

オリビアさんがアルゼンチンで出会った友人

なついてしまった野良犬

今年(2016年)始め、オリビアさんはブエノスアイレスのあるホテル滞在中に、その周辺を散歩していた際に、1匹の人懐こい野良犬と出会いました。

犬好きだったオリビアさんは、その犬に食べ物を与え、一緒にしばし遊びました。それ以降、犬はオリビアさんの傍を離れなくなってしまいました。

オリビアさんにすっかりなついてしまった野良犬

オリビアさんをホテルの外で待ち続ける犬

「ホテルについてきては困るので、道をわざと変えたりしてみたのですが、彼はいつもどこからともなく現れて、私の後をついてくるのです。

ホテルから出てくる私を何時間も待ち続けているのです。彼は、私がかまってあげたことがよほどうれしかったみたいでした。」とオリビアさん。

ホテルの外でオリビアさんが出てくるのを待ち続ける犬

犬にとってそれは一目ぼれだったのかもしれません。

オリビアさんがそのホテルに滞在している間中、ずっと犬はホテルの外で待っていました。

そこにいつも犬はいるのです。

名前

オリビアさんは、そんな犬に対して”ルビオ”と名付けました。

”ルビオ”と名付けた

どんなに時間が経っても

オリビアさんが次に仕事でブエノスアイレスに戻ってくるのは、いつか判りません。

どんなに時間が経っても、ずっと会えなくても、ルビオは、いつもどこからともなくと現れ、近寄ってきます。オリビアさんのことを絶対に忘れることはありませんでした。

オリビアさんがブエノスアイレスに戻ってくると、いつもどこからともなく現れるルビオ

同じホテルの前で待っている

オリビアさんは、ブエノスアイレスでは、いつも同じホテルに滞在します。そのホテルの外にルビオがいつも現れるのです。

オリビアさんに撫でてもらうのがルビオにとっては至福の時

ついには、ルビオは、次にオリビアさんが戻ってくるまで、ホテルの前で待ち続けるようになりました。

ホテルの前でオリビアさんがブエノスアイレスに戻ってくるまで待ち続けるルビオ

何か月経っていても、ルビオは必ずそこにいる

オリビアさんがブエノスアイレスに飛ぶことが数か月なくても、ルビオは、まるで彼女のフライトスケジュールを知っているかのごとく、何か月経っていても、オリビアさんがそのホテルに現れると、そこにルビオもいるのです。

ルビオのオリビアさんに対する気持ちは揺らぎません。

それでも、オリビアさんは、ルビオを毎回、そこに置いて行くしかないのです。

ルビオの気持ちはわかっていても、そこに置いていくしかない。。

ルビオのために

オリビアさんは、1度、ルビオのためにと、動物愛護団体にルビオを保護してもらい、里親を探してもらう手配をしたことがありました。しかし、すぐにルビオは脱走してしまい、再びホテルに戻って来たのです。

ルビオのためを思って、1度は地元の動物愛護団体に引き渡したオリビアさんですが。。

ルビオの変わらぬ気持

ルビオの気持ちはもう決まっているのです。そして、そのことにやっとオリビアさんも気が付いたのです。

オリビアさんはやっと、彼女に対するルビオの不変の愛に気がついたのでした。

ルビオをドイツに

オリビアさんは、ルビオを引き取る決意をしました。そして、ルビオを彼女の家があるドイツに連れて行く手続きをしました。

ルビオをドイツに連れて帰る決意をしました。

ドイツまでの旅

2016年8月5日(金)、とうとうルビオはドイツのオリビアさんのところに行くためのフライトに搭乗しました。

ルビオがとうとうドイツに!

ルビオの新しい家

ルビオがアルゼンチンを旅立ってドイツのオリビアさんの家に迎え入れられてから数日たちます。

オリビアさんの家で

新しい家族

ルビオは、オリビアさんがすでに飼っていた先住犬たちともすぐに溶け込むことができました。

新しい家族

ルビオがオリビアさんの家に到着した翌日の写真

元気に仲良く、とても楽しそうです。

こんな奇跡もあるのですね!ルビオは、人を見る目が確かにあったようです。

救いを求めている犬や猫たちには、本能的に「この人は助けてくれる」ということが判るような気がします。

人間を見抜く力が備わっているのだと考えられます。これまでいろいろ動物たちのお話を書いてきて、そして筆者自身の実体験も含めて、それを感じています。

ルビオの数か月にわたる努力は無駄にはけしてならなかったことがそれを証明していますよね。。とても心温まるお話でした。そんなお話に出会えて、ルビオとオリビアさんに感謝です。

すべての犬たちがルビオのように、ハッピーエンディングを迎えられることを望みます。

この記事が気に入ったら『いいね』してね!


via:spotlight

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。