pc
sp

【高齢・不機嫌・不健康】保護施設で誰も貰い手が現れなかったニャンコを本屋のオーナーが引き取ると、みんなが幸せに…

 

2016.07.18-05-00

現在14歳のオス猫「キャッツビー」“Catsby”は、9歳になるまで悲惨な人生を送ってきました。

いくつもの病気を抱え、無愛想で他の動物が苦手、そして若くないこともあり、フロリダ州の動物保護施設に保護されても誰も貰い手が現れなかったのです。

しかし6年前、そんなキャッツビーに救いの手が現れました。本屋の女性オーナーが彼を引き取り、喜びに満ちた老後の居場所を提供したのです。

本屋の猫00

本屋の猫01
キャッツビーは地元の保護団体に拾われましたが、他の動物を非常に嫌がったこともあって、幸せな環境とは言えませんでした。

本屋の猫03
さらにすぐに手術の必要があった目の病気を始め、健康状態にいくつもの問題を抱え、そして常に不機嫌でした。

本屋の猫02
ところがダニエラさんが引き取り、フロリダの本屋「Second Edition Book Shop」での暮らしが始まると、キャッツビーの態度は一変します。

本屋の猫08
動物嫌いのキャッツビーですが、とても人懐っこい性格で、お客さんが来るたびにうれしそうな顔で迎えるのです。

本屋の猫04
そんなキャッツビー会いたさに、常連客も増えていきました。

本屋の猫07
店に潤いをもたらしてくれたキャッツビーを、ダニエラさんはCEO(最高責任者)キャットと呼んでいます。

本屋の猫05
「14歳と高齢だけど、キャッツビーは多くのものを与えてくれ、私とお客さんの日々を実りあるものにしてくれている」と、ダニエラさんは語っています。

本屋の猫06
来客があるたびに、喜んでついてまわり、しかし邪魔することはせず、必要な手伝いをしているとのこと。

まさに天職ですね。

この記事が気に入ったら『いいね』してね!
★回答者全員に5000円★新築マンション・新築一戸建て購入者アンケート★
2014年1月以降、首都圏・関西にて新築マンションを購入された方!
■■■■回答者全員に5000円!!■■■■


via:labaq

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。