数日後、Facebook上に投稿されたのは、里親となってくれた男性にじゃれつく、カーラとキーラの写真。そして「彼らは無事です!」との一言に続き、寄付やシェアでの協力への御礼、そして里親となった男性への感謝の想いが綴られました。

dog (2)
今もシェルターには、迫りくる“順番”に怯えている動物たちが大勢いるのだと思うと、とても胸が痛みます。

もし、ペットを迎える際には、里親になるという方法も、選択肢の1つとして考えたいですね。