pc
sp

【生きているのが奇跡!!】25年間、狭い檻の中に閉じ込められていた猿が救出される…

 

2016.04.27-05-00

タイにある動物保護団体【ワイルドライフ・フレンズ・ファウンデーション・タイランド】。この団体のオーナーであるエドウィンさんに、ある日見知らぬ人からEメールが届きました。

差出人はバンコクに住む外国人の男性で、メールにはこう書かれていました。

バンコクのスラム街で、暗くて汚い小さな穴の中にいる猿を見つけました

想像を超える劣悪な環境にいた猿

エドウィンさんはメールに書かれた場所へと向かいました。そしてそこで見たものは、建物の間にある、身動きもとれないほど小さな空間に閉じ込められた1匹の猿の姿だったのです。

2016.04.27-05-01

今まで生きていたことが奇跡

人間と自分自身の汚物にまみれた小さな穴の中で、逃げることも、助けを求めることもできずにいた猿の名前はジョーといいます。

エドウィンさんはジョーの飼い主を見つけ、どうしてこんなことになったのかを問いただしました。

2016.04.27-05-02

野生で暮らしていたジョーの母親は1988年に密猟者によって殺されてしまいました。その後ジョーは人間のペットとして飼われていましたが、1991年にこの狭い穴に閉じ込められたのです。

それからなんと25年間、ジョーはこの穴の中で暮らしていたのです。

2016.04.27-05-03

歩くこともできないほど狭い空間で、水すら与えられない状況下で生き延びていたジョー。

助け出された時の彼の体はとても弱っていて、筋肉の組織はほぼ機能していませんでした。また脱水症状を起こしており、歯もボロボロだったということです。

ジョーが救出される時の映像をごらんください。

無事に助け出されたジョーは保護施設で少しずつ元気になっています。まだ木には登れませんが、歩くことは出来るようになり、ほかの猿たちとも会話をし始めているということです。

2016.04.27-05-04

2016.04.27-05-05

ジョーが25年もの間、たった一人でどんな思いで過ごしていたのかと思うと、心が締め付けられるような気持ちになります。

ジョーは今後ずっと、エドウィンさんの保護施設で暮らしていくそうです。まだまだ長生きして、これからは自由に幸せに生きていってほしいですね。



 ▼とにかく副収入が欲しい方へ▼

via:grapee

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。