pc
sp

【感動実話ストーリー】橋の上から落下し半身不随の子ネコを保護すると…3つの奇跡を起こした!!

 

2016.04.07-05-00

高い橋の上から落下し、下半身が不自由になってしまった一匹の子猫。

落下直後の様子から、保護され、奇跡的な回復を見せるまでと合計3つの奇跡の感動ストーリーです。泣(ノД`*)

20216_02

全く動かない後ろ足

子猫は、交通量の多い橋の上にいました。通りすがりの人は保護しようとしたのか、子猫に接近。

しかし、突然近づいてきた人を見て、パニックを起こし、誤って橋から落下してしまったそうです。

その様子を見ていた、後の飼い主さんは橋の下へ子猫を探しに行くことに。

20216_01

そこで発見したのは、落下による脊髄の損傷で、後ろ足が動かなくなってしまった子猫の姿でした。

後ろ足が全く動かない子猫を見捨てることもできず、家で飼うことに。

さっ、家に帰ろうか

自然と出てきた言葉に、優しさを感じますね。

奇跡的な出来事

「ネネ」と名付けられた子猫は、その後病院にいき、元気な鳴き声もあげられるようになります。

そして、元々飼い主さんに飼われていた「ウズ」と初対面。かなりぎこちない様子ですが…。

20216_03

数日が経過すると、お互いをなめ合うほど仲良しに!

20216_04

拾われてから9日程経つと、少しずつですが後ろ足も動くようになったそうです。

病院の先生が驚くほどの回復の早さは、ウズがリハビリに付き合ったからなのかもしれませんね。 

さらに、妊娠・出産経験のないウズから、母乳が出るという奇跡がおきます!

ネネと暮らすうちに母性本能がくすぐられたのか、生命の神秘を感じます。

2週間が経つ頃には、ちょこちょこと後ろ足を使って、元気に走りまわるネネ。

全く動かなかった後ろ足が…と、こみ上げるものを感じます。

20216_07

そして、通院が終了する頃には、後ろ足も使って普通に歩けるまでに回復。

完治はしていませんが、全く動かない状態から、ここまで回復したことに驚きを隠せません!

20216_05

ちなみに、ネネを保護した翌日、大雨の影響で橋の下は水が溢れていたのだそうです。

もし、飼い主さんに出会わなければ、いち早く治療してもらえなければ、今の元気な姿のネネは、なかったかもしれません。

20216_06

数々の奇跡を起こした子猫との出会い。これからも優しい飼い主さんやウズと仲良く暮らして、元気に幸せになってほしいものですね!

一か月後

通院終了

via:grapee

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。