pc
sp

【ニャンコの尻尾が取れた?】タネも仕掛けもない本当の事態に驚きが止まらない…

 

2016.03.31-04-00

飼育数が犬を逆転しそうな勢いで伸びている猫。家の外で飼っている方、家の中で飼っている方色々だと思いますが、家の外にはやっぱり危険が付きもの。

他の動物と喧嘩したり、色んな病気をもらってきてしまったり…、心配は尽きません。

そんな中、Twitterユーザー「TAYLER」さんの飼猫ちゃんが、トンデモナイ事に。

どうやら外出中にタヌキと喧嘩した事が原因らしいのですが…。

■その衝撃の事態というのがこちら

しっぽが取れた!!!

 

なんとしっぽが取れたというんです。タネも仕掛けもない本当の写真。これはびっくり!

原因は…?

 

完治と同時に取れるって、そんな事あるんでしょうか…。

■この衝撃写真にみんなびっくり

にゃんてことだ!

ほんと、最初は何かの冗談かと思いました。

 

そんな事あるんですね。

TAYLERさんが一緒に飼っている別の猫ちゃんも引き気味。
そりゃ引きますわ。

■でも本当にそんなことあるの?

猫のしっぽの断面図

出典 http://www.konekono-heya.com

上の図にある様々な筋肉の作用により、猫がしっぽを先っぽまできれいに動かすことができるようです。

その真ん中に通っている血管がちぎれると…

出典 http://www.gettyimages.co.jp

・猫のしっぽには太い血管が1本通っておりそれが切断されてしまうと血が通わなくなり腐ってしまう。
・毛細血管が太い血管の代わりに血を通わせると腐らずに済む。

出典 http://okwave.jp/qa/q5004586.html

これを参考にするならば、今回はタヌキと喧嘩をした結果、太い血管が切断されてしまい、更に毛細血管も血を通わせる事が出来なかった結果、残念ながら腐り落ちてしまった…というワケのようです。

獣医さんに診てもらって抗性物質をもらって飲ませてあげるといいですよ

出典 http://okwave.jp/qa/q5004586.html

こういう場合、やっぱり一番は獣医さんに診てもらうのがいいですね。

猫のしっぽには、「体のバランスを保つ・防寒・マーキング・感情表現」など様々な役割があるので、出来ればそんな事態にならないのが一番ですが、もしもの時に驚かないように、こういう事もあると知っておきましょう。

via:spotlight

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。