pc
sp

【のらネコの就職先】保護された捨て猫を「ネズミ捕り」として“雇用”するプログラムが秀逸

 

2016.03.29-04-00

米国ワシントン州シアトルの動物保護団体“SpokAnimal”が「捨て猫たちの新しい就職先」として立ち上げた“Farm Livin’(農場暮らし)”というプログラムが話題になっています。

そんな3食昼寝付き!?のお仕事をするかわりにニャンコ達を飼ってもらうという画期的なシステムを紹介します。

日本だってかっては、奈良時代に聖徳太子がねずみ駆除のためニャンコを経典と一緒に中国から輸入されたと言われてますので正に適職!?かもです。

Facebook/The Animal Rescue Site

住み込みでネズミ捕りの仕事を

このプログラムはネズミ被害で困っている農場や倉庫のオーナーたちに、シェルターで保護された猫たちを「ネズミ捕り」として引き取ってもらうというもの。

Facebook/The Animal Rescue Site

引き取られた猫たちは農場に住み込みでネズミ捕りとしての仕事を与えられるといいます。

Facebook/The Animal Rescue Site

確かにネズミを捕まえるのが得意な猫たちにはうってつけの仕事です。

Facebook/The Animal Rescue Site

シェルターに保護された猫たちは“農場暮らし”をしていく上で必要な予防接種や去勢手術なども済ませており、後は農場を経営する引き取り先のオーナーを探すだけです。

Facebook/The Animal Rescue Site

条件が合うオーナーが見つかると、猫たちは晴れてネズミ捕りとして引き取られていくこととなります。

年間1700匹が命を救われ

2009年6月以降、このプログラムのお陰で年間1700匹もの猫が命を救われているとのことです。

Facebook/The Animal Rescue Site

その上、猫たちは農場内でネズミ捕りとして第2の人生を過ごすだけではなく、新しい家族となった農場のオーナーたちがかわいがってくれているそう。

Facebook/The Animal Rescue Site

飼い主さんに抱っこされて幸せそうなこちらの猫ちゃんも立派なプロのネズミ捕りとして活躍している様子。

Facebook/The Animal Rescue Site

このプログラムの動画は現時点で260万回以上も再生されており、プログラムに対する賛同の声が多数上がっている。

動画はこちら▼

SpokAnimal C.A.R.E. is on a mission to save as many cats as possible. Find out how they’re helping ferals get a second chance at life.

The Animal Rescue Siteさんの投稿 2016年3月9日

via;irorio

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。