pc
sp

【命の恩人に恩返し】毎年8,000kmを泳いで会いにくるペンギンに心温まる…

 

ブラジルのリオ・デ・ジャネイロ州に住む、71歳のジョアオさん。

彼はある日、油まみれで瀕死の状態にいた一羽のマゼランペンギンを発見。

そのペンギンに「ジンジン」と名前をつけ、体についた油を落とし、魚を与え、丁寧に介抱してあげました。

1週間後には元気を取り戻したジンジン。

ジョアオさんは、ジンジンを自然に返そうとしましたが、すぐに戻ってきてしまいました。

しかし、11ヶ月が過ぎた日、ジンジンは突然姿を消してしまったのです。

もう会うことはないと思っていたら…

African penguin (spheniscus demersus) and shadow

※画像はイメージです

ジンジンとは、もう会うことはないだろうと思っていたジョアオさん。

しかし、翌年、驚くべきことにジンジンが彼の前に姿を現したのです。

命の恩人のことを忘れずに、また会いにくるとは、にわかには信じられない出来後。さらに、それだけでは終わりませんでした。

なんと毎年、ジンジンはジョアオさんの元を訪ねてくるようになったのです。

8,000kmもの距離を泳いでくるジンジン

マゼランペンギンの生息地は、チリ・アルゼンチン周辺。彼の住むブラジルのリオ・デ・ジャネイロ州とは、約8,000kmも離れています。

本来の生息地を離れ、毎年命の恩人を訪ねる姿からは、深い感謝の気持ちと愛を感じます。

「ジンジンは僕の膝の上でくつろぐし、一緒にシャワーもあびるんだ。まるで自分の子供のようだよ」

ジョアオさんもまた、ジンジンのことが可愛くて仕方がない様子。

本物の家族のような、2人の姿をご覧ください。

ジョアオさんの心優しい行動と、命の恩人を慕い続けるジンジンの健気さに心温まりますね。

種を超えた2人の関係は、これからもずっと続いていくのでしょう。

 ▼とにかく副収入が欲しい方へ▼

via:grapee

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。