pc
sp

【飼い主の身勝手(怒)!!】『汚いから、もういらない』悲しい理由で捨てられた犬が、笑顔をとりもどすまで…

 

2016.03.06-03-00

「あまりに不潔で気持ちが悪い」

南アフリカの管理局に、そう言われて捨てられたコーギーミックス犬のニックナック。

その時、ニックナックは骨折や栄養失調、皮膚病などに冒され衰弱しており、このまま安楽死させることに誰も反対する人はいませんでした。

しかし、彼の事を知ったある女性が、彼を引き取ると声をあげたのです……。

「不潔だから」そう言われて捨てられたワンちゃん

南アフリカの管理局に、『ニックナック』という名前の一匹のワンちゃんが殺処分の為に運び込まれました。

体は汚く、皮膚病かあるいは外傷によるものなのか、顔はかさぶたに覆われ、醜悪な見た目となったニックナック。

彼を連れてきた飼い主は言います。
「あまりに不潔で気持ちが悪い。もう死なせてくれ」

その言葉だけを残し、ニックナックを置いて去っていきました。

2016.03.06-03-01

ニックナックの元へ駆けつけた獣医師が検査したところ、彼の足は骨折しており、加えて重度の栄養失調。その状態のまま放置され続けたことで、彼は衰弱しきっている状態でした。

前の飼い主から酷い扱いを受けたのであろうニックナック。

ですが見た目も醜悪なこの子を、一体誰が引き取るというのか。

同情はあるが、この子の為にももう安楽死させた方が良いだろうという意見に、現場にいた人々は誰も反対しませんでした。

2016.03.06-03-02

しかし、動物レスキューネットワーク『Sidewalk Specials』がニックナックのことを取り上げ、一縷の望みをかけて彼の新しい引き取り手を募ると、南アフリカの首都ケープタウンに住むカミラ・ニューロックという女性がすぐに名乗りをあげました。

新しい飼い主、新しい生活

2016.03.06-03-03

「醜い? いいえ、彼はとってもハンサムよ」
そう言ってニックナックを引き取るために、すぐに彼の元へ車を走らせたカミラさん。

だけどニックナックはすぐに連れて帰れるような状態ではなく、治療の為、カミラさんは一週間そこに滞在することを余儀なくされます。
が、カミラさんはそれもすぐに承諾。

ニックナックの為に、多大な手間を少しも惜しまず、カミラさんは献身的に彼に尽くし続けました。

2016.03.06-03-04

その甲斐もあってニックナックはみるみるうちに回復。
連れて帰れるようになる頃には、彼は最初の頃とは見違えるほどに姿に。

カミラさんはニックナックの新しい生活の門出を祝い、彼に『ニューマン』と命名。

愛情の欠片もない過酷な生活を強いられてきた彼は、この時にようやっと安寧を手にすることが出来たのです。

2016.03.06-03-05

「私はずっと、助けを求める誰かを救いたいと願っていた」
今回のことについて、そう語るカミラさん。

「だから私は彼(ニューマン)を選んだ。でも、そうじゃなかった……」

ニューマンが救われたのは、もちろんただ運が良かっただけと考えることは出来ます。

ニューマンのように不幸な目にあっているワンちゃんは、世界にはあまりにも多いんです。

だけど、そういった助けを求めている声の数と同様に、誰かを助けたいと願っている人もたくさんいます。

そういう思いが導き合わせたこの出会いは、“運”ではなく“運命”だったのではないでしょうか。

「私が彼を選んだんじゃない。彼が、私を選んだの」

2016.03.06-03-06

“助けを求める誰かに救いの手を伸ばす”

実際に行動を起こすことは大変で、しかもそこには大きな責任が伴う為覚悟と勇気が必要です。

結局助けることは出来ないかもしれない、ただ苦しみを長引かせるだけになるかもしれない。
そうして結局、自分が苦しい思いをするだけかもしれない。

だけど、どんな結果になったとしても、その伸ばした手には絶対に意味がある。
そう信じています。

そういう人々の優しさや犠牲を、私は心から尊敬します。

 ▼とにかく副収入が欲しい方へ▼

via:peco

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。