pc
sp

【人は決して怖くないよ!】保護施設で『犬への読み聞かせ会』…子どもたちの愛が、犬たちの傷を癒す

 

2016.03.01-05-00

アメリカのミズーリ州にある、動物保護施設『ミズーリ動物愛護協会』

ここには人を怖がり、心に傷を負ってしまった数多くの犬が暮らしています。

この子たちに、人は決して怖くないと教えてあげたい…。

そう思った施設の方たちは、2015年のクリスマスにとある企画を行いました。

子どもたちが開催する『絵本の読み聞かせ会』

『バディー・リーディング・プログラム』と呼ばれるこのプロジェクト。

なんと、集まった子どもたちが犬に絵本の読み聞かせをするのです!

子どもが本を読み始めると、犬たちは驚くほど大人しくなり耳を傾け始めました!

その様子に、施設の人たちは驚いたそうです。

プロデューサーである、ジョー・クレパキーさんはこうコメントしています。

私は怖がりな犬たちを、無理やり人と触れ合わせたくありませんでした。

少しずつ信頼感を生み出すようにしたかったのです。

その後も犬たちは、怖がることなく子どもたちのそばにいたそうです。

たとえ言葉が通じなくても、優しい気持ちが犬たちに通じたのかもしれませんね。

2016.03.01-05-01

さらに、このプロジェクトは犬だけではなく、子どもたちにもいい影響が出るのだとか。

絵本を読み聞かせすることによって音読の練習ができるうえ、動物の感情を理解する情操教育にも繋がるのです。

2016.03.01-05-02

大成功を収めたこの企画は、毎月行われるようになりました。今では、参加希望者が後を絶たないそうです。

子どもたちは絵本の読み聞かせをするため、施設を訪れ続けています。

この企画を通して、犬たちの心の傷が癒えるとともに、子どもたちが優しい子に育つといいですね。

 ▼とにかく副収入が欲しい方へ▼

via:grapee

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。