pc
sp

【アイム・フリー!】「助けてくれてありがとう〜」 長い間、鎖に繋がれていた牛が解放され…

 

2015.01.08-02-00

柵と柵のわずかな隙間から顔を出す何匹もの牛たち。

鎖で繋がれ、身動きのできない狭い小屋に閉じ込められていました。

どのような対応を受けていたのかは定かではありませんが、伸びきった皮膚と汚れた体が劣悪な環境を物語っています。

18406_01

このひどい状況を発見したのがクリスチャンさん。

特に彼の心から離れなかったのは、後にバンディットと名付けられる雄牛でした。

18406_07

クリスチャンさんはSNSを通じて、Gut Aiberbichlという動物保護団体に助けを求めました。

Gut Aiberbichlは、馬や牛、豚や山羊などの大型動物の保護に力を入れており、オーストリアとドイツに広大な保護地区を持っています。

そして、Gut Aiberbichlをはじめ世界中からサポートを受けたクリスチャンさん。

ようやくバンディットが鎖から解放される日。バンディットが自由になった瞬間の姿は、多くの人々の心を打ちました…

解放された瞬間、まるでダンスをしているかのように飛び回るバンディット。

干草に頭を突っ込み、一歩ずつ確かめるように走り回ります。

そして、鎖から解放してくれたクリスチャンさんに何度も駆け寄り、体をすり寄せます。まるで「ありがとう」と言っているかのような瞳です。

18406_04

18406_03

18406_02

この後、バンディット以外の牛たちも無事に保護され、現在はGut Aiberbichlの保護地区で元気に走り回っているとのこと。

Gut Aiberbichlのメンバーたちは、「最期を迎えるその時まで、しっかりと面倒を見る」と約束してくれたそうです。

18406_06
バンディットが喜びを表現している様子▼
via:grapee

 とにかく副収入が欲しい方へ
とりあえず5000円がもらえる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。